熱伝導

すなわち、外は真夏のギラギラ亜熱帯になっていても、部屋のなかは涼しいまま。反対に、氷張る真冬でもすごしやすい温かな空間を保てるということです。さらに、外からのそういった気温の影響を受けないわけですから、冷房も暖房もその効果を思う存分発揮してくれます。そもそも熱というのは、伝導することによって均一化していく性質があります。たとえば、焼き肉をするときには鉄板を火にかざし、その上に肉をのせて焼きます。これは、火から鉄板へ、鉄板から肉へ熱が伝導していることになります。この熱伝導を遮断するわけですから、アルミフィルムで囲まれた部屋にクーラーなどで冷えた空気を取りこめば、あとはその温度を保てるのです。とはいっても、銀色の壁紙だと目がチカチカしてしまってしょうがない。もっともな意見です。そういった場合は、白やベージュといったなるべく色の薄いものを選びましょう。よく昼間写真をとったとき、白い服がにじんで写ったりします。あれは、白が反射しやすい色だからです。反対に、黒などの濃い色は熱を吸収してしまうので、経済的ではありません。